家庭用脱毛器のメリット

脇の下やふくらはぎに生えている体毛に対しての視線は年々厳しくなっており、伸びたままにして放っておくとだらしない人と思われてしまいます。



このために、これらを綺麗にしなくてはならないのですが、自分で行うと肌を傷めてしまうリスクが生じるので、エステティックサロンや脱毛サロンなどの専門施設に任せるのが一般的です。



なお、これらの専門施設で行っている施術は、ムダ毛に光を照射して毛根にダメージを与えるという方法で、脱毛マシンと呼ばれる専用の機器を用いて行います。これにより、毛根の内部に存在している毛母細胞や毛乳頭細胞といった根幹組織が機能しなくなるので、ムダ毛が伸びなくなるという仕組みです。
ちなみに、家庭用脱毛器は、これらの専門施設で使用されている脱毛マシンを家庭用に改良した電化製品で、基本的な仕組みはほとんど同じです。

つまり、除去したい部分のムダ毛に光を当てるだけという簡単な使い方で、エステティックサロンや脱毛サロンで行われているサービスと同様の仕上がりを実現することが可能です。
ただし、脱毛器を自分で使用する時には、目で見える範囲にしか出来ないという問題があります。



このために、背中やお尻などの身体の後ろ側に生えているムダ毛に対しては、脱毛器を使用しないようにするのが適当です。
特にメラニン色素が沈着しやすい部分については充分な注意が必要で、現在売り上げナンバーワンの脱毛器でもおすすめ出来ないと明記されています。